2017年08月21日

8月21日の記事

http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51868027.html

金色のトビがあらわれてから状況が一変します。

ニギハヤヒの「天の羽羽矢(ははや)」などを見せると、神武はそれが偽りでないのを認め、自分も同じものを示したそうです。


http://blog.livedoor.jp/miya_dera/archives/2631866.html

そこでもうけて宇摩志麻遅命(ウマシマジノミコト)が神祭と武の長に任じて、物部氏が始まるとされている。

その後、崇仏排仏戦争に負け、物部守屋の子である那加世が物部発祥の現仙北市に隠れ日の宮の神官となる。

何より日の宮を創建したのは呪術集団である物部氏。その昔、死者を生き返らせたり、呪い殺す呪文を扱っていた一族。物部文書の一部を公開したものの、全てを公開できない理由はそれなりの秘密があるに違いありません。

タイトルの通り、僕の故郷は秋田です。昔は出羽(いでは)とも呼びました。

鳥海山(鳥見山、出羽富士)



http://www.mononobe-jinja.jp/history/

日負い鶴

http://www.geocities.jp/engisiki/harima/bun/hrm460102-01.html

今のこの可美真手命神社のある地が元々摂津住吉神社の社家である津守連が住吉神社を勧請したところであって後に住吉神社が現在地に遷座されたあと本宮として残された場所であるということである。

大国主と少名彦が兄弟に(義理??)

①ニギハヤヒと海神族(住吉大社系)の女性との子供⇒「ウマシマジ命」=物部氏の祖
八島・大三島
ウマシマジ~浦島太郎??

神祭の長⇒祭事・政治
武の長⇒武神系

②そして、物部守屋の妹と蘇我馬子が結婚。



③物部(弓削)守屋の一族が滅んだだけ・・・
そして蘇我一族の本宗家も・・・

**蘇我氏全滅=物部氏も全滅⇒不可能でしょう??

>>三柱鳥居・・・混血
皇位継承者の条件~三種の神器

物部氏・蘇我氏・海神族を統括出来る  ?!
⇒王位継承者~権力争い  ((汗))

http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/nazo/mihasira.htm

https://ameblo.jp/amanotorifune2236/entry-12231555622.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%B2%E7%A5%9E%E7%A4%BE

物部守屋の妹・蘇我馬子の妻=「御囲婦人だったような??」

<<関東三社>。

鹿島神宮=蘇我氏系
香取神宮=物部氏系
神栖神社=海神族系


http://www.motoise.jp/

http://www.izumo-d.org/gosaijin.html
⇒出雲神社の方が「大神宮??」  www

http://kamnavi.jp/mn/kinki/umasima.htm

まぁこんなマイナーな祭神の神社も珍しいでしょう??

http://www.genbu.net/data/kii/hongu_title.htm

熊野と聞くと、山の神社という印象を持つが、
旧社地は河原にあった。新宮は海の側。那智は滝。
つまり、水神が本来の姿ではないだろうか。
神紋も貴船と同じ三つ巴だ。
八咫烏は熊野神の使い。

http://www12.plala.or.jp/HOUJI/jinja-1/newpage1205.htm

百済王神社境内鳥居の横に建つ「交野行宮址」の石碑。
1919年(大正8年)の建立。
桓武天皇の長岡京や平安京の新京造営には、百済王氏や秦氏などの渡来系氏族が経済面や技術面で大きく貢献し、政権の中枢にこれらの一族の多くが登用された。
遷都後、桓武天皇はしばしば交野が原を訪ね、百済王氏宅を行宮としたと伝わる。


http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51868027.html


宇麻志麻手命は大和を出て越後から播磨を経由して石見に入っているとの伝承がある。