2019年02月20日

確認のメール

一応売ったお客様へは、「どうですか ???」と
確認のメールをお送りしています。

今回は奇しくも「先住犬がダックス」

①福井県のT様はプードルのメス(10/24日生まれ)
②岡山県のH様はポメプープーのオス(12/03日生まれ)

>>福井県 T様のメール<<

*フードは、ダックスのを取りに行く
程食べますよ♪とても元気で何でも
噛るので噛む玩具買って与えました♪

**
元気が有り余っていたずらばかりです。
先住のダックスを追いかけ回して、ご飯も横取りしてますよ(^^;
焼きもちはダックスより強くて喧嘩も、
負けないですね。来月にはワクチン打ちに連れて行く予定です。







>>岡山県のH様のメール<<

*昨日はありがとうございます(、._. )、

まさしくそんな感じです!笑

先住が吠えられてます
喜んでますが、、
気のキツイ弟ができて
先住はただただ嬉しいのを
全身で表してます(*・ᴗ・*)و




1匹だけだと違う餌の場合、少し戸惑って食べ無い事もあるんですが•••

先住犬がいると〜釣られて一緒に食べてしまうんですよ。
折角パピー用の餌を用意しても ((汗))

ちょうどやんちゃ盛りの時期
人間には警戒しても、何故だかワンコには警戒しない事が多いんですよね ⁉️

一緒に付いて回ったり〜のし掛かったり、追い掛け回したり•••
先住犬の方が子犬に遠慮している事が多い様な⁉️

>>だから「ダックスの餌を横取り」していませんか⁇
ダックスを追い掛け回して、ダックスが嫌な?顔していませんか???

どちらも「やはり」でした www

ダックスも狩猟犬だったんですが、最近は特に
「胴長〜短足」で小型化(カニヘン)

昔の狩猟犬のダックスの面影が無くて
「ヨタヨタ歩き」

昔の大きいダックスは強かったですよ ‼️
下から体当たりで、大きな口でガブリ (≧∀≦)

トイプードルはダックス程、口が尖っていないから
「噛み合いになったら、ダックスの勝ち」だったんですが•••

最近は早く走れない。そして「胴長短足」
もう上から完全に押さえ込まれてしまいます。
マウントポジション

でも最近は「コーギーやダックス」が
高齢になって来ると「腰痛やヘルニア」
「下半身不随 ‼️」
太り過ぎて〜お腹が擦れてしまうとか•••


プードルもティーカップやタイニーサイズは愛玩犬
走れなくなって来ています。
(//∇//)

チワワも「てんかんや心臓発作」「関節の病気」
小さいチワワは「やはり長生きしない。」って声を
良く聞きますね。

そして先天的なもので治療法が無い。
小さ過ぎて、困難〜出来ない 。

>>それって「改良」と言えるのかどうか ⁇
病気や怪我は普通に起こります。
でも「小型化〜人気=高価」
この市場原理に押されてしまって•••

「ミックス犬=丈夫 ‼︎」
これもちょっと眉唾な面も有ると思うんですが
そう思える程、弱い純血種が増えて来てしまった⁇

「とりあえず元気に走り回っている。」だけでOK
そう言うお客様が増えて来ていますね。
➡︎私のお客様だけでしょうか ⁇ (汗)

ずっと最初から指摘している通り

http://evina.biz/bolg/k/2013/07/post-109.html

私も「ミックス犬=雑種〜無価値」
ミックス犬なんか作っているのはブリーダーでは無い 。

でも今の純血種が原種では無いんですよ。
人間が作り出して〜人気を博して広く認知されて
「愛好者団体➡︎ケネル クラブ 」

今の純血種を作り出したのがブリーダーだと思っています。