2015年04月27日

くる病(小人症)おさらい

((ウキペディア抜粋))

くる病(Rachitis : くるびょう、佝僂病、痀瘻病)とは、ビタミンD欠乏や代謝異常により生じる骨の石灰化障害である。典型的な病態は、乳幼児の骨格異常で、小児期の病態を「くる病」、骨端線閉鎖が完了した後の病態を「骨軟化症」と呼び区別する[1]。語源はギリシャ語の背骨を意味する rhakhis に由来する。

ヒトだけでなくイヌ・ネコ・ネズミ・トカゲなど若年の脊椎動物でも起こりえる。

17世紀の英国で始めて報告された病気で、ビタミンD欠乏症のひとつ。見た目の変化として脊椎や四肢骨の湾曲や変形が起こる。小児では骨端部(epiphysis)成長板(growth plate)軟骨の骨化(endochondral ossification)障害を、成人では骨軟化症を引き起こし骨粗鬆症の原因となる可能性がある。

カルシウムの摂取が少ない一部の発展途上国でもくる病が発生しやすい。ヨーロッパ人の白い肌は欧州の少ない日照に適応した結果であり、黄色人種や、肌の黒いインド系や黒人が日射量が少ない高緯度地域に移住した場合、乳幼児にくる病がしばしば発生する。

後天的な原因としては、カルシウムまたはリン酸の摂取不足、吸収低下、代謝異常[2]、ビタミンD効果への抵抗性により起こる可能性があるほか、1000g以下の低出生体重児や1500g以下の極小未熟児においても頻発する[3]。また、先天的な理由の遺伝性ビタミンD依存性くる病が複数タイプ存在している[1]。

後天的要因の典型的な原因は誤った生活習慣や食習慣で、紫外線(日光)の照射不足によるビタミンD欠乏によりカルシウムの吸収が進まない事や、副甲状腺機能亢進症よるリン酸排泄量の過剰による。

人体では、ビタミンDはプロビタミンD3( 7-dehydrocholesterol )と波長290-315 nmの紫外線により体内で生合成されるため、日光に当たらない人に起きやすい。

日本では発生数が増加傾向である[8][9]。背景として紫外線による皮膚癌発症のリスク低減や美容を目的として、過度に紫外線を避ける生活習慣が広まった事が指摘されている[9]。つまり、妊婦がビタミンD欠乏症であると、胎児にも欠乏症が起きる[10]。

------------------------------------------------

((極小型犬の人気))=高額 (^^;;

①遺伝的に問題の有るワンコ
「くる病=小人症」を繁殖に使用

②間違った飼育方法

・栄養を制限やドッグフード➡︎ビタミン不足

・ゲージに閉じ込め➡︎日光浴不足

母親自体が「くる病」➡︎子犬も (≧∇≦)


>>その「くる病」の子犬を
「小さい〜可愛い」と言って
高いお金を出して〜買う消費者 f^_^;)

小型化➡︎病気の蔓延➡︎絶滅寸前 (・・;)

((補足))

パピーミル

栄養失調のワンコ

http://takeda-kenko.jp/sp/navi/navi.html?key=kakke

➡︎疲れやすい、やる気が無い〜無反応 ☻
これを「大人しい」➡︎飼いやすい (*_*)

目や表情が「死んでいますね‼︎」

>>全て「人間のエゴ」が生んだ結果です‼︎
虐待・・(−_−;)

「ワンコの原点➡︎人間と共存共栄」
人間大好き➡︎主従関係を受け入れるワンコ
時々〜飼い主にクレームも入れますが((汗))

ケネル クラブのスタンダードからは、少し外れているかもしれないですが・・・
「ワンコの原点」からは〜外れては居ないと思っています‼︎

くる病(小人症)おさらい







同じカテゴリー(購入時の注意)の記事画像
2回目の外出(6/13日)
メールでの問い合わせ
先進国
飼育上の注意(幼少期)
赤ちゃんとペット(ワンコ)
プードル【あるある】
同じカテゴリー(購入時の注意)の記事
 2回目の外出(6/13日) (2019-06-14 11:17)
 メールでの問い合わせ (2019-04-29 14:34)
 先進国 (2019-04-17 09:09)
 飼育上の注意(幼少期) (2019-04-17 06:43)
 赤ちゃんとペット(ワンコ) (2019-04-14 02:00)
 プードル【あるある】 (2019-04-03 04:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。