2016年07月31日

コクシジューム

昨日、引き渡した加古川のK様の
ミックス犬が「コクシジューム」と言う寄生虫に感染していた可能性が・・・(-。-;



以前に一度発生して
薬を与えて〜駆除したつもりだったんですが・・・
最近は、発生して居なかったので〜油断していたのかも・・・
m(__)m

http://www.petwell.jp/disease/dog/kokushijiumu.html

コクシジウム症にかかると、水様性の下痢をします。ときに粘液や血がまじった下痢をすることもあります。下痢にともなって、幼犬では脱水が見られます。特に幼い犬ほど脱水がひどくなり、嘔吐や食欲の低下を生じます。このため成長不良や衰弱が起こることがあります。
成犬では、軟便などが見られるほかは目立った症状が現れません。しかし、他の寄生虫感染により、下痢が悪化することもあり、慢性感染では体重が減少することがあります。



http://www.koinuno-heya.com/byouki/parasite/coccidia.html

衛生管理
 母犬の糞便を子犬が口にしてしまうという状況をなくすため、母犬の妊娠前に駆虫を済ませておきます。また妊娠中に駆虫する場合は、薬剤が持つ催奇形性を慎重に調べておくことが必要です。

もし駆虫が間に合わなかった場合は、母犬の糞便を素早く片付ける、子犬が糞便に近づけないよう監視する、などの配慮が必要となります。

コクシジウムは消毒剤で死滅しないため、汚染が疑われるものに対しては焼却処分や煮沸処理などが必要です。

-------------------------------------------------

これもワンコの世界では、結構〜多い寄生虫で、消毒剤では死滅しないので・・・
根絶しにくい寄生虫です。
成犬なら、殆ど症状が出にくいので〜
発見が遅れる寄生虫 (−_−;)

普段は腸内にいても、症状が殆ど出ない。
暑さで体力が落ちたり
新しい環境でストレスが掛かると・・・

「増殖して〜悪さを始める」と言う
ちょっと困った寄生虫 (u_u)

コクシジューム自体が直ぐに、生命に危険を及ぼす事は少ないのですが・・・

栄養不良〜脱水症状を引き起こし
「他の病気を誘発し易い」

増殖をしないと〜症状も出ないし
「検査しても検出されない」
だから、兄弟でも〜症状が出るワンコもいれば〜症状の出ないワンコも・・・
σ(^_^;)



粘液状の便に「血が混じった血便」
サルファ剤などを数日飲ませれば、回復します。
体力の低下=免疫力の低下➡︎他の病気を誘発し易い (~_~;)

便に血が混じる➡︎ガンなどの他の病気も考えられますが〜子犬の場合は
「コクシジュームの増殖」が原因の場合が多いです‼︎

①感染
②暑さや新しい環境でストレスが掛かる〜腸内で増殖する‼︎
③血便などの症状が出る。

>>その他に多いのが「ジャルジア」

http://www.petwell.jp/disease/dog/jiarujia.html
http://www.koinuno-heya.com/byouki/parasite/giardia.html

こちらは血便では無く
「殆ど水の様な〜下痢」

こちらも寄生虫の感染が原因です。
成犬の場合は、高齢犬で体力が低下して居なければ〜回復してしまいます。

但し、子犬の場合は
栄養不良〜成長障害につながります。
一旦、駆除しても、再感染する事も・・・
➡︎成犬は症状が出にくい〜気付かない飼い主の方も多いです‼︎




同じカテゴリー(⑥購入時の注意)の記事画像
6月21日の記事
ブログをする意味
ワンコライフ
成長期の重要性
ペット保険
獣医さんのぼやき
同じカテゴリー(⑥購入時の注意)の記事
 6月21日の記事 (2017-06-21 05:49)
 ブログをする意味 (2017-06-20 01:21)
 ワンコライフ (2017-06-13 04:54)
 成長期の重要性 (2017-05-15 23:22)
 ペット保険 (2017-05-14 12:18)
 獣医さんのぼやき (2017-05-13 10:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。