2017年07月27日

7月27日の記事

<<蘇我馬子>>

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%87%E6%88%91%E9%A6%AC%E5%AD%90

蘇我 馬子(そが の うまこ)[注釈 1]は、飛鳥時代の政治家、貴族。邸宅に島を浮かべた池があったことから嶋大臣とも呼ばれた。

敏達天皇のとき大臣に就き、 以降、用明天皇、崇峻天皇、推古天皇の4代に仕え、54年にわたり権勢を振るい、蘇我氏の全盛時代を築いた。


妻は『日本書紀』では物部弓削大連(物部守屋)の妹、
『紀氏家牒』・『石上振神宮略抄』神主布留宿禰系譜料では物部守屋妹の「太媛」、
『先代旧事本紀』天孫本紀では物部鎌足姫大刀自(父は物部守屋の異母弟石上贄古大連、母は物部守屋同母妹の布都姫)とある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%AA%9B

太媛(ふとひめ、生没年不詳)は飛鳥時代の人物。有力豪族・物部尾輿の娘で、物部守屋の妹。史料によっては布都姫夫人(ふつひめのぶにん)、御井夫人、石上夫人ともいわれる。

『旧事本紀』「天孫本紀」によると、崇峻天皇の時代に神職の重職について国政にも参画したといわれている。のちに異母弟にあたる物部石上贄古と結婚して、物部鎌足姫大刀自(蘇我馬子の妻)を産んだとされている。

他方、蘇我馬子の妻が彼女であるとする史料もある。『日本書紀』では名前こそ明らかにされないが、蘇我馬子の妻は物部守屋の妹とされている。

<<石上神宮>>

https://masayanei.com/isonokamijingu/

馬子の人物については『古事記』『日本書紀』の記述に負うところが大きいが
いずれも後年藤原氏が権力を握ってから編纂されたもので、藤原氏が栄達する契機となった乙巳の変で蘇我氏を滅ぼした正当性を高める目的で、記紀に登場する蘇我氏は皇室乗っ取りを目論む横暴な豪族として悪事ばかりが強調されているのではないかという説がある。

ただ、推古帝の時代に冠位十二階制度や十七条憲法の創設、遣隋使派遣といった政治外交における大きな事績を無視するわけにいかず、これらを中心となって主導した馬子の功績を皇族である厩戸皇子(聖徳太子)が行ったものと記し、馬子を太子の政敵に位置づけたとする説(「聖徳太子はいなかった」説、「聖徳太子=蘇我馬子」説)がある。

また、専横著しい蘇我氏を排除したとされる大化の改新についても、近年事実関係が異なるのではないかという説が提唱されており、馬子の子と孫である蘇我蝦夷・蘇我入鹿親子は後に実現する律令体制への移行を推し進め、外交面では朝鮮半島への派兵計画に反対していたが、天皇即位を目論んでいた軽皇子は乙巳の変で入鹿を殺害し、蝦夷を自殺に追い込み、直後に孝徳天皇として即位した。
その後、百済支援を名目とした朝鮮半島への武力介入を強行したものの白村江の戦いに大敗し、唐、新羅との対立が深まる結果となった(乙巳の変#諸説#反動クーデター説)。その後、
天智天皇として即位した中大兄皇子により唐との外交関係の修復や太宰府の強化による国防計画、近江大津宮への遷都が試みられたものの国内の不満は収まらず、その死後に壬申の乱を招く結果となっている。

入鹿が唐の侵略を警戒し、外交による解決を図るとともに有事の際に皇室を護る備えをしていたのではないかとする仮説が立てられており、日本書紀の記述とは大きな隔たりがあることが確認された。また、改新の詔の内容については藤原京から出土した木簡により文書が奈良時代に書き換えられたものと決着した。このように遺跡発掘による科学調査が進むにつれて、日本書紀の記述に疑いが生じ、蘇我氏専横についても信憑性に疑いが生じている。

<<司馬達等>>  

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E9%81%94%E7%AD%89

『日本書紀』雄略天皇条に記載される鞍部堅貴の一族[1]。一説には南梁の人とも言われる[2]。

日本に仏教が公に伝わる(仏教公伝)以前から仏教を信仰していたとされる。『扶桑略記』によると、522年(継体天皇16年)2月に日本に渡来し、大和国高市郡坂田原に草堂を結び、本尊を安置し帰依礼拝したという。

584年(敏達天皇13年)播磨国で高麗からの渡来僧で還俗していた恵便に、娘の嶋(善信尼)とその弟子2人を出家させたという。崇仏派の蘇我馬子が邸宅内に仏殿を建立し、請来した弥勒仏を安置した際には、仏舎利を献上し、また法会を開催したとされる。585年に排仏派の物部守屋は達等を面罵し、善信尼ら3人の法衣を剥奪して監禁したとされる。

<<善信尼>>  名は嶋。   恵善尼や禅蔵尼とともに日本最初の尼僧の一人。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%84%E4%BF%A1%E5%B0%BC

司馬 達等(しば だっと・しば たちと・しば の たちと・しめ たちと、生没年不詳)は、飛鳥時代の人物。
氏姓は鞍部村主(くらつくりのすぐり)あるいは鞍師首。子に鞍作多須奈(くらつくりたすな)、
孫に仏師鞍作止利がいる。

<<鞍馬寺と貴船神社>>

http://www.kuramadera.or.jp/rekishi.html

鞍作・司馬・~毘沙門天・仏師・・・境内に「馬」

<<参考文献>>

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%81_(%E5%8D%97%E6%9C%9D)

教育[編集]

武帝は貴族の子弟が入る国子学と、五館という学校を置いた[20]。五館とは儒教の経典五経に通じた博士の官が学生の教育に当たる学校であったが、この学校は単なる教育機関ではなく試験を行なって官吏を登用する官吏養成所の性格を持っていた[21]。これは後に隋で開始される科挙の源流ともいわれ、武帝は身分の上下に関わらずに才能次第で官吏を登用した(武帝自身は寒門など低身分の人材を特に求めたという)[21]。この武帝の学術奨励は梁の学問が大いに発展する契機となり、昭明太子をはじめ多くの文化人・知識人を生み出し、『文選』など多くの作品が現れ、日本においても飛鳥時代、奈良時代や平安時代の日本文学に大いに影響を与える事になった[21]。

貴族[編集]

梁時代の貴族は東晋・宋時代のように強勢ではなくむしろ資質の低下が顕著になっていた[3]。そのため武帝は貴族の中でも下級の貴族を選抜して側近に登用し、法制や礼制の整備に努めた[22]。また曹魏時代からの九品中正法を改めて品から班に改め[22]、従来の基準を大幅に改編して皇帝権力を強化するために官僚制への移行を積極的に推進した[20]。

宗教[編集]

武帝は異常なほど仏教に傾倒し、後世からはこのために梁の亡国を招いたとして非難される一因となっている[23]。まず武帝は在位中に4回も捨身を行なう異常ぶりで、さらに中国皇帝は国家儀礼は儒教に基づいて行なうのが当然とされていたが、武帝は仏教に基づいて行なっており、さらに大赦と改元を伴って行なうなど常識を逸脱する熱烈ぶりが目立つようになっている[23]。ただし仏教が武帝や梁の民衆にここまで受け入れられたのは、後漢という長期政権の崩壊後、魏晋南北朝時代という動乱期で儒教の価値観が低下し自己の救済を仏教に求めたため、という側面もあった事を理解しておく必要がある[24]。とはいえ、このような極端な仏教傾倒は梁における仏教隆盛をもたらした一方で、皇帝や皇族の放恣や側近による専権、貴族層の実務忌避や寺院の建立による財政悪化による民衆の窮乏と社会不安の増大という国勢の衰退を助長した[17][1]。

皇族・官僚[編集]

宋や斉の時代には多くの皇族たちが王朝内の内紛や簒奪の過程で成長するまでに粛清されてきたが、梁は建国者である武帝が長命であったために侯景の乱までそうした事態は生じなかった。武帝は後継者である昭明太子と事件を起こして処分された経緯がある六男の蕭綸を除いてほぼ平等に扱われていた。だが、こうした扱いは結果的には太子以外の皇子間に対等意識を生み出し、太子の没後の宗室内の不和の一因になった[16]。

武帝の治世が長期化した事は皇族や官僚に私財を蓄えさせ不正を行なわせるようになった。
武帝の実弟蕭宏は貪欲な人物で武帝の治世で3億に及ぶ不正蓄財を行なっていた[17]。また武帝の治世後半には綱紀が弛緩した上、有能で人望もあった皇太子の昭明太子が531年に早世して弟の蕭綱が擁立された事も皇族間の不和を生じさせた[18]。

官僚も日夜酒宴や女色に溺れて実務を省みなくなり風俗が乱れ奢侈が横行し[18]、民衆からは厳しい租税が収奪されるようになった[15]。
また晩年の武帝は若い頃の聡明を失っており、自らは仁政を行なっていると思い込んでしまっていた[18]。
治安も乱れ、中央では賄賂が横行するのは当たり前で、冤罪で処罰される者も増大し、皇族やそれに連なる者たちの驕慢もあり白昼で殺人や強盗が起こるのも珍しくなくなり、それを捕縛すべき官吏は金銭の授受次第で見逃すという事態にまで至っていた[15]。このような皇族・官僚の腐敗は結果的に侯景の乱で救援に現れた諸王が積極的に動かず、ひどい時は自ら収奪に走るという統制がきかない状況にまで陥る結果となる[19]。

<<歴史書は権力者が作る物>>

天皇家・物部氏・蘇我氏・・・縄文顔(D型)⇒古代の渡来人
公家(平安貴族)=官僚・・・瓜実顔(O型)

http://www.hinapishi.com/entry/20120305/1330949631

「文化や文明をもたらしたのは、渡来系弥生人(公家)」
「縄文人は戦争ばかりしていた野蛮人」

そう言う風に教えられていませんか??

https://matome.naver.jp/odai/2138918472498869301

http://www.news-us.jp/article/20170726-000003z.html

<<孫 正義>>

こちらは朝鮮?華僑系⇒ビジネスマン
政治よりも~商売!(害は少ない)

http://story-is-king.com/post-95

ソフトバンク ホークス(鷹)でしょう??  <<笑>>

http://agora-web.jp/archives/2021159.html

ちゃんと実名を名乗っているし~隠してもいないし・・・
日本人以上に努力しているし~苦労もしているから・・・
「出身地だけで悪く言うのも??」⇒その人間性が問題では??

https://matome.naver.jp/odai/2124640901759764424




歴史を歪曲したり~日本の先人を卑下したり・・・
盲目的な「中共・朝鮮の賛辞は止めて欲しいですね?」

日本の国民は「超一流」
政治家は三流!

日本人の祖先は「アジアで文明を築いた王族や皇族。」
⇒シュメール人???  ((爆笑))

でも織田信長・豊臣によって
延暦寺・石山本願寺~紀州・播磨の寺院や武家が「貴重な歴史書と共に~丸焼け!」
まぁ織田信長は豊臣・徳川によって~かなり美化されているような??
でもその後の歴史にはほとんど登場しない?!




http://senjp.com/cyacya/

「ワンコの血統書」や
「家系図」「歴史書」は必ずしも「事実と一致するとは限らない。」
人間の手によって、書き直す事が出来るから・・・

書き直された「歴史」が事実として~一人歩きしてしまう・・・  www








同じカテゴリー(⑨雑記 (1,207)▼)の記事画像
10月20日の記事
10月18日の記事
世界のうねり
スマホになったら
10月16日の記事
10月15日の記事
同じカテゴリー(⑨雑記 (1,207)▼)の記事
 10月20日の記事 (2017-10-21 16:12)
 10月18日の記事 (2017-10-18 09:37)
 世界のうねり (2017-10-17 19:10)
 スマホになったら (2017-10-17 04:55)
 10月16日の記事 (2017-10-16 06:02)
 10月15日の記事 (2017-10-16 01:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。