2017年08月25日

8月25日の記事

海神族系<<スサノオ>>

http://www.genbu.net/saijin/yasima.htm

(八島士奴美神)

字義は、大八州国を領する神

『古事記』では大国主神の祖で、この神の五代孫が大国主神とあるが、 『先代旧事本紀』では、八島士奴美神のまたの名を大国主神、大己貴命とある。

妻は、大山津見神の娘・木花知流比売。子は布波能母遅久奴須奴神。

http://www.genbu.net/data/tusima/simaookunitamamiko2_title.htm

神職八嶋家に伝わる伝承には、「八嶋大國魂神」の「八」の欠字とあるらしい。

また、『對州神社誌』には、
日吉山王権現 正躰薬師木像高サ壹尺」と記されている。

社殿のいたるところに鶴の紋が付けられているので、
明らかに鶴紋が当社の神紋だろう。

八嶋+大国主(本州=豊秋津嶋)
⇒八島に大山津見(積)=嶋(山と鳥)  www

「怒ると、鬼より怖い~山の神(=嫁さん)」  ((大汗))

http://www.genbu.net/saijin/nigihayazuihan.htm

<<神奈備にようこそ>>

http://kamnavi.jp/ichiranhyogo.htm

http://kamnavi.jp/it/kinki/toujou.htm

http://kamnavi.jp/mn/kinki/umasima.htm

http://kamnavi.jp/it/kinki/tenniti.htm


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ニギハヤヒ~ウマシマジ

百済の武将系(元は中国の漢の武将)
百済の王族=満州族のプヨ族

武寧王の臣⇒「嶋臣??」

<<項伯>>

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%85%E4%BC%AF

紀元前192年)は、中国の戦国時代末期から前漢初期にかけての政治家、武将。項燕の子で、兄弟[2]に項梁がいる。
子は項睢(劉睢)。

楚の名門・項家に生まれるも、紀元前223年に秦の始皇帝に派遣された将軍王翦によって楚が滅亡すると、
国を追われ、各地を転々とした。その際、殺人を犯し、旧友の張良に匿われた。

項伯は劉邦から、かつての『鴻門の会』での功績と劉邦との姻戚関係を結ぶ約束などにより、射陽侯に封じられ、
「項姓では劉氏の世の中では暮らしにくかろうと」と、劉邦の計らいで劉氏を名乗ることを許され、「劉纏」と改姓した。

紀元前192年に死去し、子の睢が跡を継いだが、紀元前186年(高后2年)に罪を犯したために国を除かれた。



<<注釈>>  項梁・項羽

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%85%E6%A2%81

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%85%E7%B1%8D

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%85%E7%87%95

『史記』項羽本紀の記載によると、項氏は代々楚の武将として働き、項という邑に封ぜられた。
これが項姓の祖先である



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%A4%E5%B0%B9

令尹(れいいん)は、元々は古代中国の殷王朝における役職で宰相の位に相当する。



原義は神官職の長のことであり、古代の政治は祭事と一体であったことが伺われる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<<殷>>

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%B7

殷(いん、拼音: Yīn、紀元前17世紀頃 - 紀元前1046年)は、中国の王朝である。文献には夏を滅ぼして王朝を立てたとされ、考古学的に実在が確認されている中国最古の王朝である。商(しょう、拼音: Shāng)、商朝ともよばれる。

紀元前11世紀に帝辛の代に周によって滅ぼされた(殷周革命)。


伝説上、殷の始祖は契とされている。
契は、有娀氏の娘で帝嚳の次妃であった簡狄が玄鳥の卵を食べたために生んだ子とされている
契は帝舜のときに禹の治水を援けた功績が認められ、帝舜により商に封じられ子姓を賜った。

その後、契の子孫は代々夏王朝に仕えた。また、契から天乙(湯)までの14代の間に8回都を移したという。
1.契(始祖)

<<舜>>

http://admin.tenkomori.tv/admin/entry/edit/entry_id/420172

舜(しゅん)は中国神話に登場する君主。五帝の一人。
姓は姚(よう/とう。子孫は媯水のほとりに住み媯(ぎ)を姓とした)、名は重華(ちょうか)、虞氏(ぐし)または有虞氏(ゆうぐし)と称した。儒家により神聖視され、
堯(ぎょう)と並んで堯舜と呼ばれて聖人と崇められた。また、二十四孝として数えられている。瞽叟の子。商均の父。

堯は舜の人格を見極めるために、娘の娥皇と女英の2人を舜に降嫁させた。
舜の影響によりこの娘達も非常に篤実となり、また舜の周りには自然と人が集まり、舜が居る所は3年で都会になるほどだった

この事で舜が気に入った堯は舜を登用し、天下を摂政させた。そうすると朝廷から悪人を追い出して百官が良く治まった。それから20年後、堯は舜に禅譲した。

帝位についた舜は洪水を治めるために禹を採用し、禹はこれに成功するなど上手く世の中を治め、その後39年間、帝位にあって最後は禹に禅譲して死去した。なお、
舜の子孫は周代に虞に封ぜられている

陳の陳氏の祖とされ、陳からわかれた田斉の祖でもある。
__________________________________________________

①殷
蘇(子)氏・・・殷の宰相

殷の暴政に対して、紀(姫)氏と「殷周革命」

②周の宰相・武将(伯爵・公)

③秦の建国~南方の「蘇州(楚)」
項姓(高)

秦の暴政に対して「反乱」~「楚の覇王」

④楚の武将・政治家
⇒楚に背いて「漢の建国に加担」

項姓~劉姓(龍)

⑤漢の諸侯(政治家・武将)

⑤斉の政治家・武将

⑥百済(プヨ族=満州族)・・・北方ツングース系
百済王室の宰相・武将
嶋臣??

⑧倭国
ニギハヤヒ~ウマシマジ(物部氏)~武内宿禰(~蘇我氏)

ウマシマジ=祭事の長官(宰相)・軍事の長官
「富国強兵策」~「強国」のNO,2(宰相)

驕り~腐敗・暴政⇒「革命?追放~逃亡??」  <<汗>>

>>政権は腐敗する~「悪人は殺すこともやむ得ない」⇒武神系(鬼) 
神にも悪魔にも成る(=閻魔大王)~「両刃の剣」
「掃き溜めに鶴」


とても「神様には成れない」~「仏法に救いを求める!!」
⇒「神仏習合」




古代中国~中国(漢民族?)~南方(呉越=海神族?+ミャオ族?)~斉(田斉)~百済(北方ツングース系)~日本
各地を放浪しているから~ごちゃごちゃの「混血」  www

7~8個の王朝を渡り歩いている?!⇒八嶋  ???
多くの名前を持って居る~「多名持ち(オオナムチ)」

場所や人によっては「聖人・神様」~「反逆者・悪魔」





やっとこせ終わったかもね??  <<大汗>>
疲れました・・・




















同じカテゴリー(⑨雑記 (1,207)▼)の記事画像
9月21日の記事
9月20日の記事
9月19日の記事
9月16日の記事
9月12日の記事
9月11日の記事
同じカテゴリー(⑨雑記 (1,207)▼)の記事
 9月21日の記事 (2017-09-22 12:12)
 9月20日の記事 (2017-09-21 22:03)
 9月19日の記事 (2017-09-19 08:15)
 9月16日の記事 (2017-09-17 13:02)
 9月12日の記事 (2017-09-13 12:59)
 9月11日の記事 (2017-09-12 05:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。