2017年09月19日

9月19日の記事

<<ゴルゴ13 >>  特別展

大阪 天保山

https://www.golgo-13.com/

<<運慶>>  特別展

東京 国立博物館

http://unkei2017.jp/


>>何故、運慶なのか??

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E9%81%94%E7%AD%89

『日本書紀』雄略天皇条に記載される鞍部堅貴の一族[1]。一説には南梁の人とも言われる[2]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9E%8D%E4%BD%9C%E6%AD%A2%E5%88%A9

鞍作 止利(くらつくり の とり、生没年不詳)は、飛鳥時代の渡来系の仏師、技術者。名は鳥とも記される。姓は村主[1]。司馬達等の孫で、鞍部多須奈の子。

仏教の信仰に篤い一族であり、父の多須奈は用明天皇のために坂田寺の建立を発願し、のちに出家して、日本で最初の僧侶である徳斉法師となったと伝えられる[5]。蘇我氏と深いつながりがあったと見られ、大化の改新により蘇我氏が失脚するとともに止利様式の作品も見られなくなった[5]。

その他、法隆寺等には「止利式」と呼ばれる同系統の仏像が現存する。中国北魏の仏像の様式の影響を受けた、古式の衣文や服制、杏仁形の眼、古式の微笑(アルカイックスマイル)などに止利および止利式の仏像の特色がある。 また、止利式の金銅仏の特徴として、銅の厚みが薄く均一に仕上がっており、鋳造の際に中型の固定に使う鉄心を取り去っているなど、他の金銅仏に比べて卓越した技法が見られる[5]。

<<鞍馬寺>>

http://www.kuramadera.or.jp/

http://www.kuramadera.or.jp/rekishi.html

武の山

平安末期、末法の時代、鞍馬寺の僧兵は比叡山の僧兵に数は劣るものの、より勇猛だと讃えられていました。
源義経(幼名牛若丸)は、7歳頃に鞍馬寺に入山し、16歳の頃、鞍馬寺を出て奥州平泉に下ったと言われています。牛若丸は、由岐神社の上手にあった東光坊で昼間は仏道修行、夜は僧正ガ谷で天狗に兵法を授けられたという伝説があります

<<毘沙門天>>

http://www.kyotokanko.co.jp/butuzo/kurama_bishamon.html

http://www.kyotokanko.co.jp/butuzo/kurama_bishamon.html

ウマシマジ=物部氏の祖
祭祀の長と軍事の長

<<足利系公方>>

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E6%A1%82%E9%99%A2

<<座摩神社>>

http://www.ikasuri.or.jp/yuisho.html

<<忌部氏>>

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%8C%E9%83%A8%E6%B0%8F

忌部氏は、5世紀後半から6世紀前半頃にその地位を確立したとされ[1]、当初は「忌部首(おびと)」を名乗った[2]。大和国高市郡金橋村忌部(現 奈良県橿原市忌部町)を本貫(根拠地)とし[2]、現在も祖神の天太玉命を祀る天太玉命神社(式内名神大社)が残る。また、出雲・紀伊・阿波・讃岐等に設置されていた品部を掌握して物資を徴収したほか、祭具の作製や神殿・宮殿造営に携わった。

部民としての忌部には、朝廷に属する品部(ともべ = 職業集団)と忌部氏の部曲(かきべ = 私有民)の2種類が存在した。品部である忌部には、玉を納める出雲、木を納める紀伊、木綿・麻を納める阿波、盾を納める讃岐などがあった。それらの品部の部民も忌部氏を名乗ったことが文献に見られている。事績の少なかった中央氏族と異なり、こうした地方氏族は随所に跡を残している。

忌部氏~斉藤氏
⇒姓や苗字は変わっても「DNAは変わらない」  www
strong>

鞍馬寺のみ~このポーズ



知恵を授けられた後のポーズ(臣下?仏法守護)
元は武神

 



<<宮本武蔵>>

http://www.genbudo.com/musashi/yukari_Folder/yukari.html

熊本・・・源武堂(古代の源氏)

http://kobe.travel.coocan.jp/sightseeing/musashi.htm

五輪書で武蔵自ら生国播磨の武士と記していることや、養子・伊織が武蔵の生い立ちについて触れた加古川・泊神社の棟札などが代表的な根拠。伊織の子孫にあたる北九州の宮本家の系図も高砂説を裏付ける。

「三木之助」

http://www2.city.miki.lg.jp/miki.nsf/39f1c87d0d44690349256b000025811d/916e140c21af288949256edf001f0b14?OpenDocument

・伯爵家の放蕩の家系
・別所氏の領地に楠正成の子孫が住んだ
・貧農者の味方をした大名華族

http://www.geocities.jp/themusasi1/ref/t022.html

としている。
 また、(伊織の)弟に大原玄昌という人があり、この人の石碑が、いま、三木町本要寺[日蓮宗]にある。
右は伊織が玄昌とともに寄附したのである。[二人とも本書の「人物」の部に見える]





武神・兵法家でありながら~芸術家のDNAも・・・

>>各地を放浪するから・・・「謎も多い」 www

宮本武蔵・・・ゴルゴ13のモデル ??
実は「運慶」も同じ血統・・・

自由過ぎると言うか?ハチャメチャと言うか??⇒気分の赴くまま~「運命?天命?」

http://www.8000.gr.jp/kyoto/bessyo.htm


参考のため、下に簡単な淡河氏系譜を記しておく。
北条某━時房━時盛━時俊━政俊━政高━政氏━政宗━範清━
季範(養子赤松庶流中嶋氏より) ━ 則清(後則政に改)━ 政盛━則盛━元範━範之━弾正定範
註:北条時房━安元元年(1175)~仁治元年(1240)

建武三年(1336)八月七日淡河庄にて合戦があったことが「国次系譜」に記されている。
国次系譜によると、当時の淡河弥二朗範清は南朝方に与(くみ)して赤松軍と戦い南朝方の為に粘り強く戦ったとあるが、この系譜の国次家は刀鍛冶として代々淡河氏に仕え修理介などの官名を世襲しているところからも淡河氏の兵器廠としての任にあたっていたのであろう。また一方範清の叔母にあたる政氏の娘を吉川庄(三木市吉川町)の城主渡瀬信綱の妻とするなど勢力の拡大に努めていたようである。

山岳寺院と鉱山師●
山岳寺院(標高千~三千メートル級)のなかには猟師が自分の生業とする「動物殺生」の戒めに目覚め寺院を開いたという伝承がある。また、山の神を祭祀する司祭者であった猟師が修験者(山伏)などに自分の聖地と祭儀を譲った。とか、猟師が、山中で不思議な現象に遭遇した場所や霊体を発見した場所に僧や修験者によって寺院とされて発展し、創始者とされたとする説などがある。これら山岳寺院開創伝承のなかで、猟師が、山中で光り輝く物体を発見し、寺院を開いたという伝承が多くあることです。この光り輝く物体とは、寺院の開創者は、これを仏像の光明であるとしているが、一方この物体は金あるいは水銀、鉄鉱石、黄銅鉱などの鉱物資源であるとみる学者もいる。寺院を建立し維持するには大きな経済力が必要で、とても猟師だけでは手におえない。そこで鉱山師の経済力、寺を建立する土木、建築技術、道を切り開く測量技術、労働力など、さまざまな総合的な技術と組織力を有していたと思われる。各地の霊山や霊峰で修行した行基や空海といった僧が、溜池を掘ったり、灌漑用水路を敷設したり、橋を架けたり道路を通したりしているが、これらの土木事業を土木技術者でもない僧が直接携わったとは考えにくい。鉱山資源の多くは山中に存在する。採掘にはいろんな設備や施設を建て、山を造成したり鉱石を運び出すための道を必要とした。つまり、山岳の霊場は即ち鉱物資源の包蔵地であり、採掘場であったので、ここで修業する僧たちが、霊山周辺で働く技術者を配下におさめ、いろんな土木事業を行いつつ仏教勢力の拡大に利用したと考えられる。既に述べたように、空海が高野山に金剛峰寺を建立するにあたり、丹生神社を勧請したのは、空海と鉱山師のかかわりを端的にあらわしてはいないだろうか。空海の辿った足跡を検証すると、殆どが鉱物資源を包蔵した山岳であることがわかる。河内の国には、早くから鋳物師をはじめとするさまざまな技術者が定住していたとは、史料や遺跡などによって知られている。鋳物師のなかに、メッキ(鍍金)に従事する者もいたであろう。河内の長者は、この鍍金を生業即ち金銅製品を売買する商人であった。そして、それらを支配していたのが物部氏であり、秦氏などの渡来系の豪族たちなのである。私の郷里、三木には「跡部」という大字があるのだが、やはり物部氏の流れを汲んだ裔であるとみられている。

>>「源氏」
天皇家の王子が臣籍降下~源氏(地方の荘園主・守護大名)と言うよりも
原型は「ニギハヤヒ系」⇒「源氏」「藤原氏」(公家・公方)

生まれ(出自)は選べ無いけれど~「生き方や死に場所は自分で決められる !!」   www
strong>

せっかく日本で生まれながら「反日」 ((汗))
⇒「反日するなら~特亜三国に行けば?? 反日の仲間が多いから・・・」





同じカテゴリー(⑨雑記 (1,207)▼)の記事画像
10月20日の記事
10月18日の記事
世界のうねり
スマホになったら
10月16日の記事
10月15日の記事
同じカテゴリー(⑨雑記 (1,207)▼)の記事
 10月20日の記事 (2017-10-21 16:12)
 10月18日の記事 (2017-10-18 09:37)
 世界のうねり (2017-10-17 19:10)
 スマホになったら (2017-10-17 04:55)
 10月16日の記事 (2017-10-16 06:02)
 10月15日の記事 (2017-10-16 01:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。