2017年10月04日

10月3日の記事

もう皆様ご存知の通り

ラスベガスでコンサート会場に「銃撃・・・」
イスラム国では無さそうですが~テロと同じ・・・

https://matome.naver.jp/odai/2136380668192730201

「共謀罪」・・・確かに使い方によっては「国家権力の暴走」につながる危険性は若干ありますが
「テロ」などを未然に防ぐ手段にもなります。

また防犯ビデオなども「プライバシーの問題」を含んでいますが
コンビニ・銀行強盗などビデオが犯人逮捕の重要な手掛かり・・・(抑止力にも)

>>エシュロン<<

http://www.kamiura.com/abc33.html

 英米など英語圏5カ国が参加する通信傍受(盗聴)機関「エシュロン」を調べてきた欧州会議エシュロン特別委員会は、「エシュロンによる通信傍受は人権やプライバシーを侵害する」という最終報告書を賛成多数で可決した。

でもEUもイスラム国のテロ事件で・・・「必要悪」

まぁ「経済戦争」にも使っている所は問題ですが・・・

包丁も使い方次第で「凶器」

https://www.compathy.net/magazine/2015/12/21/security-ranking-of-the-world-top-18/2/

「経済大国」で「公害が少ない」そして「安全」

<<香道>>

http://www.shoyeido.co.jp/about/index.html

松栄堂の創業は今から300年ほど前。
丹波篠山の里長であった畑六左衞門守吉が、商いの道を興した「笹屋」に始まります。
以来、一貫して薫香製造を生業としてまいりました。

((虫の音))

https://www.youtube.com/watch?v=anIga_6qQFk

http://www.mag2.com/p/news/233784

どうも日本人の耳と、外国人の耳は違いがあるようだ。

<<魚の味>>

http://kabuse.y7.net/food/sakana.htm

味覚にもうるさい⇒日本人の味覚を誤魔化すのが難しい !!

>>繊細と言うか?~五感が鋭いと言うか?
豊かな自然環境で生まれ育った~「自然を感じる能力」を獲得したんでしょうか??

https://matome.naver.jp/odai/2136168958582723601

https://花粉.jp/768.html

10人に1~2人・・・朝鮮半島~外国人の比率?!
まぁそれだけ芸能人やマスコミ関係者に多い ??

「重度の花粉症」なんて~親族や友達を探してもほとんど見つからない・・・
軽い炎症~直ぐに治る。

まぁ化学物質・金属の方が慣れていないから~アレルギー症状を起こし易いかも??
都会の排気ガスや煤煙の方が違和感。
農林水産業の人が「花粉症や魚アレルギーでは、話にならない・・・」

http://condominium.at.webry.info/200705/article_4.html

この論文で李氏は「問題の核心は高度成長でも、途上国制約でも」ないとして、その一つに「行政と市民の監督能力が共に欠如していること」を挙げている。
身もフタもない結論だけど、次のような実態を読むと、ほかになんとも言いようがむずかしい。



花粉は大丈夫ですが「この環境は無理でしょうね?」
多分、涙や咳が止まらない?!
⇒慣れの問題 ??

http://www.shirofan.com/shiro/kinki/takeda/unkai.html





日本人にとって~自然=神⇒「癒しの場」



<<軽トラ>>  www

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-2422.html


<<韓国 女性>>

http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/52179970.html

外国で朝鮮人を区分する方法、理由もなく怒ってる顔=朝鮮人  www


同じカテゴリー(⑨雑記 (1,207)▼)の記事画像
10月20日の記事
10月18日の記事
世界のうねり
スマホになったら
10月16日の記事
10月15日の記事
同じカテゴリー(⑨雑記 (1,207)▼)の記事
 10月20日の記事 (2017-10-21 16:12)
 10月18日の記事 (2017-10-18 09:37)
 世界のうねり (2017-10-17 19:10)
 スマホになったら (2017-10-17 04:55)
 10月16日の記事 (2017-10-16 06:02)
 10月15日の記事 (2017-10-16 01:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。