2017年10月08日

10月5日の記事

http://quasimoto2.exblog.jp/22760944/

「民族はそれぞれ生きてきた環境に適応するため、固有の遺伝子変異を持っている」
「今回の論文はヨーロッパ人とは違う韓民族の遺伝体変異を体系的に整理し、ヨーロッパ人が中心だったこれまでの遺伝子研究の限界を指摘した点で意味がある」

アラビアのラクダ特有の病気であるはずのMERSウィルスにどうして韓国人だけが感染するのか?

http://iamjapaneas4649.hateblo.jp/entry/2016/07/13/164350

人間など生物における雌雄の生殖においては両親から遺伝子を受け継ぐが、近親婚で生まれた子供でない場合は、ある劣性遺伝子がもし有害であったとしても片方の親からそれを貰っただけでは本人に異常が出ることはないのだが、

近親婚で生まれた子供の場合は、先祖を共有していることから同一の種類の劣性遺伝子を両親が保有している可能性が高いため、その遺伝子が一対となり異常が発生する可能性が高くなる。

<<花粉症について>>

http://www.mag2.com/p/news/180175

http://ml-labo.com/post-97

日本人でも「育った環境の違い」~「住んでいる環境の違い。」
文明は人間が本来持っている能力を低下させる。

修験道=人間が持っている能力を鍛える(引き出す)⇒超能力??



>>ワンコの純血種と同じ問題なんです。
近親交配の繰り返し。

<<アルビノ(白子化)>>

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%8E

アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。

なおアルビノは、正常な遺伝情報により白化した白変種とは異なる。


>>琉球地方は亜熱帯で~海洋性気候。
日本本土と植物の群生も文化や風習もかなり違うので
日本本土で花粉症に成っても「慣れていないから・・・」

でも日本人で自然豊かな環境で生まれ育って来た人が~花粉症・・・ (汗)
日本人が「蕎麦アレルギー??」
可能性はゼロとは言いませんが~重症には成り難いと思うんですが・・・

マスクの方が~呼吸しにくい?!
(まぁ冬場の寒さ対策や風邪対策は除外⇒空気が乾燥しているから)

http://list.qoo10.jp/item/%EF%BC%93%EF%BC%A4%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF-%E9%80%81%E6%96%99%E7%84%A1%E6%96%99-%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%8A%B8%E8%83%BD%E4%BA%BA-%E7%AB%8B%E4%BD%93%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF-%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AB%EF%BC%81-%E9%BB%92%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF-%E9%9F%93%E5%9B%BD-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E9%A2%A8%E9%82%AA-%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%B9-MERS-%E4%BA%88%E9%98%B2/438647347

https://1atopy.info/other19/

https://hakuraidou.com/blog/22981/


>>ノーベル 文学賞<<

http://www.oricon.co.jp/news/2098492/full/

本当に日本人のDNAって優秀なのかな?!
極東の小国としては~かなり健闘していると思います。
現在イギリス国籍でも、両親が日本人で~幼少期の日本の記憶に影響を受けている・・・

http://kamnavi.jp/itakiso/sasatani.htm

 この水軍には恐らく海人部が大いに働き、造船の事まで与ったのであろう。この播磨国の因達の里に祀られたイダテの神を奉じた神人団は、伊豆を経て遠く陸奥に移っているが、この伊楯氏は物部氏の一員として久しく宮廷十二門の内の伊楯門(後の上西門)を守護した。この伊楯氏は衛門府に吸収せられて平安期に入ると急に影を消したが、地方に移ったものは伊達氏として栄えた。この事は延喜式神名帳を見るとよくわかる。即ちこの氏が播磨から伊豆を経ている点から見て、この一団が海人部であったと見て誤りはない。延喜式には、「伊豆国加茂郡、伊達神社*1」「陸奥国色麻郡、伊達神社」がある。

 この播磨の国の因達の里の近くには大和の穴師から兵主神が移って来ていた。同風土記に、「安師里、土中中、右、安師と称くるは、大和のアナシの神、神部につきて仕へまつらしめき。故、穴師と名づく」。所が、この両神は延喜式神名帳には射立兵主神社二座」とあるから、播磨国風土記に記された後、延喜式成立までの間に一社に合祀せられている。


http://kamnavi.jp/itakiso/kamigaito.htm

ですから、住吉神の孫の神というか、子の神というか、そういう形で伊達神というのは考えられていることになります。

>>「関西に渡来人が多い=関東には生粋の日本人」って考え方が間違っていますよ !!
関東は殆どが関西からの移住者  www

関東は北方系の土着民族、関西は南方系の海洋民族・・・
蝦夷(アイヌ人)は瀬戸内周辺へ・・・
海洋民族は(琉球人)は関東へ・・・

稲作文化の普及と共に「本州の中央部へと・・・」
稲作文明に適応しなかった者たちがそのまま(狩猟・漁業)・・・「アイヌ人・琉球人」

>>木の神様の子孫が~「スギ花粉症?!」 www

http://kamnavi.jp/itakiso/itakeooya.htm

http://kamnavi.jp/ym/index.htm

畿内にいた物部氏や蝦夷を中心としてヤマト国が建国された。

    神武東征開始。
奴国の勢いが強く、他の九州の国が圧迫され、王族の一部が東へ向う。
    東征を開始した神武の後裔がキビ国に入り王となる。
孝霊天皇。四国、イズモを統合する。

>>物部氏(D型)と蘇我氏(O型)の衝突~混血化・・・ハイブリッド(神仏習合)
O型でもD型を内包したDNA

ドイツやEUの大都市は「内陸型」
でも日本の大都市は「沿岸部で海風」⇒ドイツほど花粉が溜まらない。

重度の花粉症に成るのは~「大陸や外国からの比較的新しい移住者(琉球地方も)」

http://biz-journal.jp/2015/04/post_9547.html

https://kafunq.com/%E9%83%BD%E4%BC%9A%E3%81%AE%E6%96%B9%E3%81%8C%E7%94%B0%E8%88%8E%E3%82%88%E3%82%8A%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87%EF%BC%9F7%E6%9C%884%E6%97%A5%E3%80%8C%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%82%84/


免疫力の低下+排気ガスが原因では??
特に朝鮮半島系は免疫力の低下 ??

古代から日本(本土)に住んでいる血統は、花粉症や食物アレルギーとか少ないと思うけれど ??
「耐性=慣れ」

>>でもそう言う重症の人がいるから「花粉症やアレルギー」の研究が進む。
「医療も患者の多い病気や重症の病気から、研究が進む。」って側面は否定出来ません。
またその研究過程で「ひょうたんから駒。」  www
全く違う病気の特効薬の発見に繋がったり・・・

日本も高度成長期の「光化学スモッグや水質汚染など」を経験したから
「今の韓国や中国では、病人が多発するだろう?!」って言える。
また最近のDNA分析の結果、韓国人のDNAにも注意が必要。

>>私が言っているのでは無くて、「科学者や医師などが警告している。」
ワンコについては「獣医師界」

ガラパゴス化って揶揄されるぐらいの極東の小国でありながら
世界中の頭脳集団と競い合って「ノーベル賞を受賞する。」
⇒同じ日本人としては、やはりちょっと誇りに思えます。

<<源氏物語>>

http://genji.choice8989.info/

その他・・・

https://matome.naver.jp/odai/2135954646842642301

https://intojapanwaraku.com/jp/art/20161128/7163











同じカテゴリー(⑨雑記 (1,207)▼)の記事画像
10月20日の記事
10月18日の記事
世界のうねり
スマホになったら
10月16日の記事
10月15日の記事
同じカテゴリー(⑨雑記 (1,207)▼)の記事
 10月20日の記事 (2017-10-21 16:12)
 10月18日の記事 (2017-10-18 09:37)
 世界のうねり (2017-10-17 19:10)
 スマホになったら (2017-10-17 04:55)
 10月16日の記事 (2017-10-16 06:02)
 10月15日の記事 (2017-10-16 01:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。