2018年05月17日

どの道

朝鮮戦争が再開されても
南北統一しても
現状のままでも•••

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00010005-fnnprimev-pol

どの道〜経済的には破綻する ‼️
経済的支援が必要

国土の切り売り=租借地 www
伽耶国の再建 (^_^)v
ゴールは動かない (笑い)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180516-00170053-diamond-int

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00252647-okinawat-oki

猿田彦大神は「道を指し示すだけ‼︎」
➡️自由参加(自己責任 ‼︎)

どう言う過程を辿るか? 〜どう言う結果になるか?
誰も分からない〜神のみぞ知る (汗)

>>現状で間違い無いのは
「日英同盟の復活」とかつてのイギリス連邦の
オーストラリアやニュージーランドとか
アメリカの同盟国のカナダ軍が
日本に集結して来ている。
それはかつての朝鮮戦争時の連合軍。

北朝鮮の空爆=「Xディー」も起こり得る
➡️在韓外国人の避難に輸送機が必要何でしょう ??

ゴールポストを動かしたら
冷戦どころか〜いきなり実戦開始かも ⁈

イスラエル問題の原因を作ったのがイギリス
その問題を引き付いだのがアメリカ
➡️ユダヤ人問題。

ユダヤ人はEUに対して良い印象は持っていない
(EUの盟主がドイツ)
またEUの創立がアメリカの覇権に対抗する為。
シティーはイギリス。ウォール街はアメリカ。

中国共産党と敵対したのは国民党
その国民党が逃げ込んだのが台湾。
まぁ国民党と戦ったのは日本もだけれど•••

台湾の原住民(本省人)は親日派。
国連に加盟していたのは最初は台湾。勿論、戦勝国

日本は正面から戦ったけれど、国民党の背後から撃ったのは、共産党 (>人<;) 〜 どちらが敵か ⁇

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6282793

やっぱり動くゴールポスト〜いたずら⁇
交渉術 ⁇ (//∇//)
やっても良い相手と状況が分かっていない子供だと思いますよ。 稚拙な•••

アメリカの大統領を相手に ???
虚栄心〜自己満足 ⁉️
まぁこんな事やっている限りは 「空爆」でしょうね ⁉️

①渡航制限をかけて(ある程度〜予告)〜空爆
②いきなり国境線も含めた空爆 ???

在韓外国人の安全をどうするか ???
➡️各国の空輸機がやって来ている。

同盟国には「空爆」の可能性大って通知が行っているのか ⁇ (勿論、シークレット㊙️)

日本の自衛隊は朝鮮半島に行きにくい。
日本人もお願い致します m(_ _)m

困った時に助けてくれるのが「真の友」
イギリス連邦に〜大きな貸し
日本人は受けた恩義は忘れ無い ❣️
(^_−)−☆
日本人が本気で怒っている。



氷の女王



イギリスの女性首相は良いですねー ╰(*´︶`*)╯♡

>>中曽根〜レーガン大統領〜サッチャー首相の時と似ている (╹◡╹)♡

サッチャーの首相就任から間もなく、
1980年に選出されたアメリカ合衆国大統領のロナルド・レーガンも新自由主義的な政策を数多く打ち出した。
さらにニュージーランドでもデビッド・ロンギが新自由主義を主導し、1980年代はアングロサクソン各国において新自由主義が台頭する時代となる。
またこの時期、日本においても、1982年に首相に就任した中曽根康弘により、行政改革や国鉄分割民営化(1987年)などが行われた。

この組み合わせなら
「中国の南沙諸島問題も大丈夫だと思います❣️」
➡️「海の安全を脅かす〜共通の敵。」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180517-00053102-jbpressz-int

香港問題も大丈夫 ⁉️(華僑)
イスラエル問題も•••(ユダヤ人)
インドの印僑も•••

日本人はその走り〜始祖かもね ⁉️ (汗)





同じカテゴリー(政治、軍事)の記事画像
報道しない自由
投資
イスラエル
自衛隊 F-3
残酷だけれど•••
中国もしつこいですねー   www
同じカテゴリー(政治、軍事)の記事
 報道しない自由 (2018-10-19 20:34)
 投資 (2018-10-19 18:35)
 イスラエル (2018-10-19 17:57)
 自衛隊 F-3 (2018-10-18 15:05)
 残酷だけれど••• (2018-10-18 07:57)
 中国もしつこいですねー www (2018-10-18 04:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。