2018年08月03日

自然な流れ

なる様にしかならない ((汗))

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00010000-tokyomxv-soci

彼らに日本を選んだ理由を聞いてみると「安全性です。ご飯もおいしい」「日本で就職して、経験を持ってベトナムに帰ったときは、経験があるからいい給料の仕事を探すことができる」などといった声が聞かれました。治安が良く住みやすいことや、経済が発展していて技術力の高い日本は、留学先として魅力的だといいます。


>>街は人が作るもの。
自然発生的に人が集まって来る ‼︎

完全に防ぐ事は不可能ですね。

https://ztokyo.net/articles/shinokubo/

神戸や横浜も「港町」で元々、外国人が多い。
その中で距離的に朝鮮〜中国人が多かっただけ

部落=異文化〜異国人。
別に塀がある訳でも柵がある訳でも無いんですよね
出ようと思えば出れるんですよ。
日本に馴染めていない〜固まってしまうだけで•••

https://diamond.jp/articles/amp/115782?display=b

https://locafra.com/2017/06/14/nishinari/

そうした西成ならではの“秩序”に従えない者が、「(生活)保護に日和る」(前出・路上生活者)のだという。
そのため、このあいりん地区では生活保護受給者は侮蔑の対象となっているという。

>>でもやはり日本なんですよねー。
「生活保護を受ける事は恥 ‼️」

https://matome.naver.jp/m/odai/2141494702760868101


もう一度「俘囚」

http://rekishi-note.hatenablog.com/entry/2016/03/11/062434

全国へ送られた俘囚を受け入れた国の国司たちは、俘囚の監督・教化・保護・養育に努め、税も免除していました。
定住先での生活に慣れるまで食糧も支給(俘囚料)しますが、時間がたっても自活することなく俘囚料はずっと給付されたそうです。

**現在の「生活保護」

元々蝦夷は日常生活で弓を使っていたり馬を飼っていたりしたため軍事的な手腕に優れていたと言われています。
また製鉄技術にも優れていたのでは?という話もあります。馬を飼い馬術に優れ更に製鉄技術もあった(かもしれない)となれば、政府としては無視できませんね。

また、忘れてはいけないのが当時の日本の状況。俘囚を強制移住させていた時期、日本はまだ唐からの影響を強く受けており「小中華帝国」の様な律令国家として存在していたことから「天皇の徳を示す」ために文化・習慣の異なる民族であろうと「公民化」させる方策を取っていたことが分かっています。俘囚以外にも誤って漂着した新羅人も俘囚と同様、課税なしで強制的に「公民化」させていたようです。

特に肥後(熊本)、近江(滋賀)、北関東の常陸、下野、播磨(兵庫県南西部)あたりの俘囚の人口数は目立ちます。地域的には関東・九州・四国と言ったところでしょうか。


桓武天皇朝には莫大な人数の兵力だった軍団を廃したことや租調庸や雑徭などの負担から兵の質が低下していたこともあって軍事的手腕に優れた俘囚はその穴埋めをする絶好の人材だったと考えられます。

>>桓武平氏がどう言う集団だったか ???
「平氏に非ずば〜人に非ず。」

頼政は保元・平治の乱で天皇や院の周囲が大騒ぎになっている中、源氏ながら平清盛に気に入られ重用された稀有の人物。しかし、そのわりには昇進スピードがいまひとつでした。

https://rekijin.com/?p=21763

なぜ頼政が清盛に対して反旗を翻すことになったのかはなぞです。

「平家物語」では息子・仲綱に清盛三男・宗盛がひどい恥辱を与えたから、と記していますが、これだけで長年従ってきた清盛を裏切るでしょうか。
真相はわかりません。

蘇我蝦夷

馬や武具や馬具を作っていたのが俘囚。
それを教化〜保護する役目が国司(国造)=源氏

織田軍団(平氏)の主力部隊が一般兵の「鉄砲隊」
それまでの武士が主力では無い。

http://syosekiofkaikei.blogspot.com/2013/12/blog-post_19.html?m=1

俘囚(蝦夷)を「教育する(管理)」していたのが地方豪族(国司)
教化出来なかった者は、「東北地方に追放」
➡︎アイヌ人。


生活保護や租税免除が「部落」
そこに結び付いたのが、百済や新羅からの亡命者

まぁ現在と状況は似ているのかもね ???
軍人とヤクザは紙一重。合法か非合法かの違い。
「公民化する為」➡︎奴隷では無いですよ。

別に出ようと〜思えば出れた。
でも「生活保護に租税免除」
居座り続ける者も•••

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/taishi6764/entry-11863325346.html%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoATgA

「生活保護」「租税免除」
これにどっぷりと浸かってしまったのが原因か⁇

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%B1%B1%E4%BF%A1%E4%BB%B0

白山修験の僧兵は山門(延暦寺)の僧兵と結びつき、特に霊応山平泉寺は最盛期には8千人の僧兵を擁したと伝わる。


メインメニューを開く
Wikipedia 検索
編集このページをウォッチする
白山信仰

室堂から望む白山奥宮と御前峰
白山信仰(はくさんしんこう)は、加賀国、越前国、美濃国(現石川県、福井県、岐阜県)にまたがる白山に関わる山岳信仰。

成立 編集

古くから「越のしらやま」として、詩歌に詠われた白山は、富士、立山とならび「日本三名山」のひとつに数えられる秀麗な峰であった。また、白山から流れ出る豊富な水は四方の川を満たし、それが広く田畑を潤すお蔭で、人々の生活と農事の一切が成り立っていた。このため、古代より白山は「命をつなぐ親神様」として、水神や農業神として、山そのものを神体とする原始的な山岳信仰の対象となり、白山を水源とする九頭竜川、手取川、長良川流域を中心に崇められていた。

奈良時代になると修験者が信仰対象の山岳を修験の霊山として日本各地で開山するようになり、白山においても、泰澄が登頂して開山が行われ、原始的だった白山信仰は修験道として体系化されて、今日一般に認識されている「白山信仰」が成立することとなった。

主な地域 編集

白山信仰の歴史や伝承についての研究は多いが、白山信仰がどのような地域に広がっていったかを扱う地理的観点からの研究は少ないという指摘がある[1]。

だが、白山信仰の地理的研究が難しいというわけではない。白山信仰には白山神社の存在が欠かせないが、白山神社は白山信仰の浸透をみるうえでの重要な指標であるとされ、白山神社の分布をみれば、白山信仰がどのような地域に浸透していったかを知ることができるという指摘がある[1]。

こうして白山神社の所在を確認していった研究では、石川県における加賀地方の南部(加賀市・小松市・能美市・白山市・川北町・野々市町)こそ、石川県側における白山信仰の主要な舞台であるとされる[1]。その根拠として、加賀地方の南部には、白山や白山比め神社が位置するほか、白山を源とする主要な河川が4つ(手取川・梯川・動橋川・大聖寺川)も流れており、中宮八院・白山五院・三箇寺といった白山信仰関連の寺院も多々みられることがあげられている[1]。

歴史 編集


白山の三馬場と禅定道
崇神天皇7年に、白山を仰ぎみる遥拝所が創建されたと伝えられる。祭神は菊理媛尊(白山比咩大神)、伊邪那岐尊(伊弉諾命)、伊邪那美尊(伊弉冉命)の三柱であった。

その後、717年(養老元年)に、修験者泰澄が加賀国(当時は越前国)白山の主峰、御前峰(ごぜんがみね)に登って瞑想していた時に、緑碧池(翠ヶ池)から十一面観音の垂迹である九頭龍王(くずりゅうおう)が出現して、自らを伊弉冊尊の化身で白山明神・妙理大菩薩と名乗って顕現したのが白山修験場開創の由来と伝えられ[2][3][4][5]、以後の白山信仰の基となった。

「修験道」「十一面観世音」「仏教〜僧兵」
特権意識「腐敗〜堕落 」 (≧∀≦)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%B0%E6%BE%84

「秦澄」

https://butsuzolink.com/11men/




https://meigata-bokushinoshosai.info/index.php?%E5%A4%A7%E7%A5%AD%E5%8F%B8%E3%81%AE%E8%83%B8%E5%BD%93%E3%81%A6%E3%81%AB%E5%9F%8B%E3%82%81%E8%BE%BC%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B12%E3%81%AE%E5%AE%9D%E7%9F%B3





「玉」

http://bewithgods.com/hope/doc/2-24.html



















同じカテゴリー(政治、軍事)の記事画像
中近東
膠着状態
植民地制度の復活
リーダー
兆し
笑った
同じカテゴリー(政治、軍事)の記事
 中近東 (2018-08-21 11:17)
 膠着状態 (2018-08-21 06:08)
 植民地制度の復活 (2018-08-21 03:29)
 リーダー (2018-08-20 12:28)
 兆し (2018-08-20 12:24)
 笑った (2018-08-20 08:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。