2019年01月12日

さぁ〜 ???

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00000035-asahi-int

https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20190111-00110730/

北朝鮮も国家の体を成していない (*≧∀≦*)
自国の軍隊が自国民に暴行や略奪。
それが常態化。

日本の統治時代の方が遥かにマシだった ‼️

さぁ〜 ???

さぁ〜 ???
さぁ〜 ???


日本人が居なくなったら、元の木阿弥
昔に逆戻りしたってだけでしょうね。
まぁ現在の韓国政府もそれを望んでいる ‼️

まぁその望み通りに日本は関わりを減らす。 www

https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20181015-00100514/

軍備や兵隊に費やすお金を庶民に回せば良いって話ですよね。
経済支援が現体制の支援に繋がっていて無意味 ❣️

**
何でこんな北朝鮮や韓国の言う事を聞かなけれならないの ⁉️ 「国を潰す気 ❓❓」
まぁ北朝鮮や韓国は「日本が潰れて欲しい」と思っているんだろうけれど•••
➡︎放置して置けば「勝手に自滅して行く ‼️」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00000007-ykf-soci


何処の国に依存=寄生しないと生きて行けない民族
「百害あって一利なし」➡︎中国に任せる ‼️

地政学的に重要な場所なら、違う民族に支配して貰った方が良い。
金融港湾都市国家群=伽耶連合国。

古いDNAに〜古い文化や風習。
ユダヤの古代の宗教儀式に似ている。
古い中国の文化の面影が残っている。
➡︎だから「同祖‼︎」 www

((道教))

https://biz.trans-suite.jp/7149

神道の中にユダヤ教。
仏教の中に道教。
「神仏習合」➡︎混血だから•••. www

ハプロタイプ「D型とO2b1型」➡︎ほぼ日本にしか居ない ‼️(縄文人)

ハプロタイプO3=弥生人(一般的に言われている渡来人)➡︎天孫族(支配者層)では無く、農民や技術者。
別に奴隷でも無いので•••
でもその中に奴婢の身分制度。
だから身分制度は日本発祥では無く〜
移民と共に持ち込まれた物⁈


https://kotobank.jp/word/%E8%9D%A6%E5%A4%B7-36617#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29

最近、アイヌも沖縄の人たちと同じ南方系のヒトで、北方系ではないのではないかという意見が強く出されている。アイヌ語についても、本来、日本語と同系ではなかったかという見解も有力になってきている。中央部に新しい大陸的要素が入って、日本は大きく変わった。もとは「一つの日本」であった。

国家のなかに編成されたエゾたち、すなわち俘囚(ふしゅう)らが、どのように「内民」としての「同等」を成し遂げたか、もしくは成し遂げないで「内なる独立」を保持し続けることになるのか。そのような「それからのエゾ問題」にも、しっかりした見通しをたてておく必要がある。彼らについて「俘囚郷」というムラの存在が知られ、彼らの「調庸(ちょうよう)の民」化が進まなかったことからすれば、この人たちのうずもれた歴史が差別の問題にも連なっていることは明らかである。この問題は日本史の暗部に連なる。

>>つまり台湾やパラオ原住民は、教化出来たけれど〜朝鮮民族?(エベンギ族)は教化出来なかった ‼️

http://check.weblog.to/archives/3812225.html

https://www.sankei.com/smp/west/news/140503/wst1405030056-s.html







同じカテゴリー(⑥雑記 (1,207)▼)の記事画像
5月24日の記事
米中貿易戦争
アリ地獄へ•••
5月21日の記事
ハイブリッドエンジンの妙味
まだ気付いていない韓国
同じカテゴリー(⑥雑記 (1,207)▼)の記事
 5月24日の記事 (2019-05-24 01:29)
 米中貿易戦争 (2019-05-24 00:44)
 アリ地獄へ••• (2019-05-22 14:18)
 5月21日の記事 (2019-05-21 22:21)
 ハイブリッドエンジンの妙味 (2019-05-16 19:50)
 まだ気付いていない韓国 (2019-05-16 12:33)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。