2019年09月11日

技術者魂

((フェラーリ))

https://www.autocar.jp/news/2019/08/13/399274/

「次のステップに進むためにはハイブリッド・テクノロジーが重要であると、われわれは確信しています。ハイブリッドは内燃エンジンの代替と考えられていますが、われわれが本当に求めたのは四輪駆動に使えるということです(SF90は2基の電気モーターが前輪を駆動する)」

「ある瞬間には大パワーを求めても、別の状況では静かに走行したいと思うこともあるはずです。例えば早朝に家を出るとき、壮大な排気音を撒き散らしたいとは思いませんよね」

>>モードを切り替える事によって
市街地モードとスポーツモード(アウトバーン走行)

それも可能だと言う事

https://www.autocar.jp/news/2019/08/13/399274/4/#s4

「現時点では、電気自動車の技術は十分に成熟していません。顧客の要望に耳を傾けると、最も重要なのはサウンドです。
また、現在のところ航続距離の問題もあります。
スポーツカーではこれが実に大きな問題となります。電気自動車の後続距離は、急加速や高速走行を繰り返すと非常に短くなるからです。存分に速く走らせることができず、最高速度も200km/hで制限されてしまってはスポーツカーの意味がありません。
それらの技術的制約を取り除こうとすれば、バッテリーをたくさん搭載する必要がある、つまりクルマが非常に重くなります。それはもはやスポーツカーではありません」

「しかし、おそらく数年以内には可能性が広がるでしょう。電気自動車が普及するには、大きな段階を超える必要があります」

**故ポルシェ博士の夢見た車** (^_^)

日本ではハイブリッド=省エネ、環境対応車だけのイメージですが•••

せっかくヨーロッパ自動車産業の先人が築き上げて来た高性能ハイパワーエンジンを捨てるのは
まだ早い ❣️
ハイブリッド技術と組み合わせる事で今よりも
もっと高性能なモンスターマシーンが出来る可能性

音とかスピードや高性能メカって
男のロマンでしょうね ⁉️
やはり作る側も乗る側もロマンを感じたい www

技術者魂

技術者魂
技術者魂

技術者魂


>>車は使う環境やら用途とか、ユーザーの好みも様々•••それを高い次元で満足させる。

ハイブリッド技術
モーターと既存エンジンの組み合わせ方で
バリエーションが無限に広がる♾

https://s.response.jp/article/2019/09/09/326299.html

ハイブリッド技術では日本が先行しているけれど
これからヨーロッパ自動車産業界の猛追が始まる!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000044-jij-kr

韓国の半導体やディスプレイ産業にこだわる必要は無い ‼️

技術者魂

技術者魂








同じカテゴリー(⑥雑記 (1,207)▼)の記事画像
UNIQLO
報道しない自由
ドイツの変調
日本の未来
確実に言える事は
ロータリー エンジンの復活
同じカテゴリー(⑥雑記 (1,207)▼)の記事
 UNIQLO (2019-10-22 10:14)
 報道しない自由 (2019-10-22 00:34)
 ドイツの変調 (2019-10-21 22:46)
 日本の未来 (2019-10-21 09:12)
 確実に言える事は (2019-10-21 07:12)
 ロータリー エンジンの復活 (2019-10-20 13:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。