2019年11月09日

物部氏と天皇家

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/lunabura.exblog.jp/amp/14704338/%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAbik_7zg2e7hhgE%253D

これらはすべて戦争がらみなので、天皇家は物部氏に対して、
船、馬、武器、武人などの軍備を要請したと思っています。

物部氏と天皇家には深い関わりがあり、
祭祀、軍事力、水準の高い連絡網などがあるのが見えて来ました。
物部氏の天皇家を支える信念は半端じゃありません。

しかし、辞書を見ると、そんな深いつながりは見えて来ません。

馬見神社と日若神社で分かった事は、
馬見物部氏が天皇家の祖先を祀り続けていて、
神武天皇が古遠賀地方にやって来た時に迎えに行って、
馬を提供して家に連れて行って、馬見神社まで案内したという事です。
神武天皇は東征の準備のためにやって来たと推測しました。

物部氏と天皇家

物部氏と天皇家
物部氏と天皇家
物部氏と天皇家
物部氏と天皇家

物部氏と天皇家

物部氏と天皇家
物部氏と天皇家
物部氏と天皇家

物部氏と天皇家
物部氏と天皇家
物部氏と天皇家
物部氏と天皇家


https://genbu.net/data/tango/arasu_title.htm

 阿良須神社は、町内唯一の式内社である。
 
(丹後風土記残欠)には、天火明命(海人族の祖神)が 飢えてこの地に来た時、この土地の神に助けられ、この土 神に蟻道彦大食持命という称号を与えたとのべられている。

祭神は、神吾田津媛命であるが、別名木花咲耶媛の名の 方が有名である。
この神は、日本神話によると、瓊瓊杵尊 が高千穂の峰に天降った時、最初に出会った絶世の美人で 山の神を代表する大山祇神の娘である。

のち瓊瓊杵尊の妃 となり、火照命(山幸彦)や火遠理命(海幸彦)を生んだ 女神である。

**

山彦(山の民)と海神族の混血(物部氏の遠祖)

((阿蘇のピンク石))

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/lunabura.exblog.jp/amp/29741127/%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAeOG6fCDtbL04wE%253D

近畿地方の古墳から、阿蘇産のピンク石で造られた石棺がいくつも出土しています。


>>九州が海神族の本拠地=海の都(竜宮城⁇=カイト
奈良地方が山の民の本拠地=山の都=ヤマト

九州と関西圏が勢力範囲
先ず九州と関西〜瀬戸内(中国四国地方)の掌握
当時は関西以北は管轄外➡️野蛮地扱い ‼︎


http://www.photo-make.jp/hm_2_1/minamoto_yoshie.html



ー源義家は理想の武将である、兵の鑑として伝承されたー

●平安末期の東国は、桓武平氏 高望王系の武家平氏(軍事貴族)である
 
  国香系多気大掾氏が常陸の国に、良文系の平氏が下総・上総の国に、武蔵野国には良茂系の平氏・武蔵七党・や板東八平氏がおり、相模国には国香系の平氏が支配していた。東国全体は平氏の地盤であったと言って良い、これらの地盤に源氏が食い込んだのは、河内源氏の祖「源頼信」の活躍があったからである、頼信は平氏の直方に「頼義を婿と」の話を受け、誕生したのが源義家である。彼が鎌倉の平家地盤を引き継いだ。



物部氏と天皇家


https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/bukenotoryo1118/entry-12247311284.html%3Fusqp%3Dmq331AQOKAGYAdKN6p7Eronq5QE%253D

周知の通り、清和源氏は源満仲(みなもとのみつなか)の息子達の代に、摂津・大和・河内の各源氏に分かれたのですが、その中武門の棟梁として台頭したのが

先述の三代の時、河内源氏は東国に地盤を築き上げたのですが、義家以降は一族内部の軋轢や抗争が続き、ライバルである伊勢平氏(いせへいし)の後塵を拝することになりました

**

海神族系が平氏(水軍)
山の民系が源氏(騎馬武者)

**

昔は同じ釜の飯を食った仲間でも
組織が権力を持って大きくなって来ると
権力争い(派閥)が起きてしまう ‼︎

https://www.worldwide-transition.info/asuka/sogasi/iwainoran.html

527年、大伴氏が衰退するきっかけになる事件が発生しますが、それが筑紫国造磐井の乱です。その頃ヤマト政権の国をコントロールする力はそこまで強くなかったのです。それはなぜかというと、ヤマト政権が国を直接まとめていたのではなく、地方はそれぞれの豪族が各々の土地を支配し、その豪族が大王に服従するとの意思を表して家来となり、姓という称号を授けられ、はじめて誼を結ぶというかたちで統治されていたからです。

https://genbu.net/data/buzen/takai_title.htm

宇佐神宮に関する、辛嶋氏伝承では、八幡神は、欽明天皇の御代、宇佐郡辛国宇豆高島(稲積山?)に天降り、大和国の膽吹嶺に移り、紀伊名草海島、吉備神島と渡って、宇佐郡馬城嶺に現われ、
乙咩社、 泉社、 瀬社、 当社鷹居社、 小山田社、現社地へと移ったとする。

<凶首塚古墳>
養老四年(七二〇)に朝廷が大隅・日向の隼 人を討伐した際、宇佐八幡の神軍も参加し、 隼人の頭(首)を持ち帰って、この塚に葬っ たと伝えられています。しかし、この古墳は 六世紀末頃の横穴式石室で、伝説の時代とは ずれています。

>>強大なヤマト王権ってのが嘘でしょうね ⁉️
平安時代の後の鎌倉時代でも
「奥州藤原氏」が存在し〜源頼朝によって掌握出来たぐらいだから•••

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%90%E7%BE%A9%E5%AE%B6

**

歴史書を作るのは「勝者」
話は勝者の都合の良い様に「盛って有る。」って事にご注意下さい (^_^)a







同じカテゴリー(⑥雑記 (1,207)▼)の記事画像
GSOMIA破棄〜在韓米軍撤退
もう直ぐ「火の車」   www
これで3つ目 www
ガン闘病記 1年後
韓国 「ロケット」も往く ‼︎
国家が破産する日
同じカテゴリー(⑥雑記 (1,207)▼)の記事
 GSOMIA破棄〜在韓米軍撤退 (2019-11-15 21:19)
 もう直ぐ「火の車」   www (2019-11-15 08:47)
 これで3つ目 www (2019-11-15 06:58)
 ガン闘病記 1年後 (2019-11-15 06:06)
 韓国 「ロケット」も往く ‼︎ (2019-11-15 01:07)
 国家が破産する日 (2019-11-14 20:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。